読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

R4

日本人ムスリムのRaffiのブログ。目黒区在住の樹木医。

もう緑化に、こだわるのはやめませんか?

そろそろ起業を決めたときから1年経ちます。

どういう思いで起したかを、思いだします。

 

最近、古くからの友達に現場作業を手伝ってもらう機会があり、話がはずみました。

 

目黒区に樹木医が私だけ?って気がついたところから始まります。

 

世の中の植木屋さんは造園と名が付くところが多いとおり、作ること、特に日本庭園を作ることにこだわった方が多いし、造園技能士の試験もその能力が問われます。私ももし、一級造園技能士の取得がまだだったとしたら、そこにこだわった仕事をしていることだと思います。

 

庭を持つお客様、庭を作りたいお客様も建物のことなら、ずいぶんと好みもはっきりして、間取りや、キッチンの機材や、お風呂場の浴槽まで、さらに家具まで細かくイメージされることでしょう。

 

でも、庭になると、けっこう植木屋さん任せです。

 

話は飛躍する感じになりますが、私は人生の幸せ感、その地域の雰囲気のよさ、家庭の心地よさっていうのは花があるかないかで相当違うのではないかと思うのです。

 

例えば、日本庭園を作ると石ばかりになります。そして、そこに添えられる木は花は意識せず、主に緑を考えます。

 

イメージ図も白黒の図面で充分ということになります。

 

私はお客様の好きな花を植えるサポートをしたいのです。そのために樹木医としての技術と知識を活かしたい。

 

花の咲く木もだし、草花も。

 

海外に住んで思いました。日本の素晴らしさは日本の花の咲く木と、それを愛する人々だと。

 

もう緑化に、こだわるのはやめませんか?

公害に強い木や扱いやすい木を選ぶのもやめませんか?

むしろ比較的弱い木、公害に弱い木を植え、この木がこんなに元気に育つここの家、このマンションは素晴らしいということを魅せませんか?

そして、花を植えましょう。好きな花を。

 

もっと、バラを植えるお宅が増えても良いかも知れません。

 

それをいま住んでいる目黒区から始めたいです。

 

庭がなければ植木鉢や、プランターでも工夫できますし、それさえ無理なら花の絵を溢れさせましょう!

 

日本花木研究所 – 渋谷区、目黒区、世田谷区の樹木の診断・樹病の治療・庭木の剪定・お庭の手入れ

 

f:id:raffi-w-y:20170222233526j:image